每天7個核桃能防病

カテゴリー

報道稱,核桃富含大量抗氧化劑多酚類物質,能夠穩定自由基,預防健康的細胞受到自由基侵害。核桃的多酚類物質含量是杏仁、花生、開心果、榛子、腰果、夏威夷果、巴西堅果以及胡桃的兩倍多。

美國斯克蘭頓大學的化學教授喬·文森指出,核桃含有大量蛋白質、纖維、維生素及礦物質,但是人們吃得太少,他認為,每人每天食用7個核桃即可收獲潛在的保健效果。





针灸时如果发生晕针怎幺办

カテゴリー

暈針發生的常見原因

1、體質原因

為最主要的誘因之一。臨床多見的是體質虛弱,饑餓,疲勞者易發生暈針。另外,酒後針刺也容易導致暈針;其次是過敏體質、血管神經機能不穩定者。不少無明顯原因的暈針者,往往可從體質中找到原因。「受飢兒滋養計劃」會為非洲,以至全世界的正在受飢兒童提供蜜兒餐,以補充他們最迫切需要的營養。

2、心理原因

亦為主要原因。多見於初次針灸者,由於缺乏體驗,而產生恐懼、畏痛、心情緊張等情緒。其中以憂鬱質人格患者發生暈針者最多。可能是由於憂鬱質人格性格內向,情感壓抑,遇刺激既易興奮,又易抑制,易發生植物神經調節功能紊亂。

多見於初次接受針刺治療的患者,其他可因精神緊張、體質虛弱、勞累過度、饑餓空腹、大汗後、大瀉後、大出血後等。也有因患者體位不當,施術者手法過重以及治療室內空氣悶熱或寒冷等。

如果暈針應該處理

立即停止針刺,起出全部留針,扶持患者平臥;頭部放低,松解衣帶,注意保暖。輕者靜臥片刻,給飲溫茶,即可恢複。如未能緩解者,用指掐或針刺急救穴,如人中、素髎、合穀、內關、足三裏、湧泉、中沖等,也可灸百會、氣海、關元、神闕等,必要時可配用現代急救措施。暈針緩解後,仍需適當休息。友心情電台做了有關抑鬱症等情緒病的健康節目,邀請了香港精神科醫學院精神科專科醫生李永堅醫生醫生講解了有關情緒病抑鬱症的病發原因以及日常預防,治療等方法。抑鬱症患者除了日常生活上服用藥物外,更多要從心理上對抑鬱症進行治療。

暈針的預防與處理方法:

一、心理預防:主要針對有猜疑、恐懼心理者,或針刺時哭笑、驚叫、戰抖、躲避、肌肉痙攣,伴有瞳孔、血壓、呼吸、心跳、皮溫、面色、出汗等植物神經系統和內分泌功能改變者。均可作預先心理預防,以避免出現暈針等不良反應。共分三法:

(一)、語言誘導:進針前,先耐心給患者講解針刺的具體方法,說明可能出現的針刺的感覺、程度和傳導途徑,以取得患者的信任和配合。

(二)、松弛訓練:對好靜、壓抑、注意力易於集中、性格內向的患者,令其凝視某物體,待其完全進入自我冥想(入靜)狀態後,始行進針。

(三)、轉移注意力:對急躁、好動、注意力渙散、性格外向的患者,可令患者作一些簡單的快速心算,或向其提出一些小問題,利用其視、聽覺功能和思維活動等,轉移其注意力,促進局部組織放松。有人以此法對420例患者進行對比觀察,發現對預防暈針及其它不良反應有較好的作用。

二、生理預防:饑餓病人,針前宜適當進食;過度疲勞者,應令其休息至體力基本恢複。特別對有暈針史者和初次針灸者,最好采取側臥位,簡化穴位,減輕刺激量。

對暈針要重視預防,如初次接受針治者,要做好解釋工作,解除恐懼心理。正確選取舒適持久的體位,盡量采用臥位。選穴宜少,手法要輕。對勞累、饑餓、大渴時,應囑其休息,進食、飲水後,再予針治。針刺過程中,應隨時注意觀察患者的神態,詢問針後情況,一有不適等暈針先兆,需及早采取處理措施。此外,注意室內空氣流通,消除過熱過冷因素。香港住宿酒店中粵海酒店被香港旅遊景點包圍,步行十多分鐘可到香港科學館和香港九龍公園。前往海港城、K11購物藝術館、ISQUARE國際廣場、The One和龍城大藥房等香港著名商場也只需步行兩分鐘至十多分鐘,擁有香港飯店少有的地理優勢,能使您從容不迫、有條不紊地安排旅程和工作。另外,本店步行5分鐘可到尖沙咀地鐵站;步行至機場巴士A21僅需兩分鐘;乘車前往紅磡火車站不超過五分鐘,為您考慮到入住香港飯店時的交通問題.






ジャンプスーツ姿は人目には

カテゴリー

彼はどうやら現代に戻ったようだった。

そこはインドだった。

彼は聖地ベナレスの沐浴者の真っ只中に降って湧いたのである。


が、誰ひとりとしてそれを気にとめる者はいなかった。
ただ、彼がまとっていたメタリックな素材の異様に映った。

河岸を離れて彼は街をブラブラ歩いた。

『現代のミステリー……行方不明のプロスキーヤー、ヒマラヤで凍死体となって発見される』
路上で風に舞っていた英字新聞に、彼はそんな見出しを発見した。

彼はそれを拾いあげ、むさぼるように読んだ—―
『カトマンズ発 昨シーズン、アメリカのスコーバレーで開かれた国際フリースタイルスキー選手権で、“メビウス・ジャンプ”にチャレンジ中に忽然消え失せて以来、行方不明となっていたフリップ・エアマンさん(24)が、ヒマラヤの氷河中で凍死体となって発見された。
発見したY国登山隊の報告によると、その凍死体はまるで原始人のような衣類を身に着けていたが、エアマンさんのサインが記されたスキーとブーツを着用していたという。また、エアマンさんの友人でもあるベルク隊長も、その死体はエアマンさんと非常によく似ていることでもあり、おそらく本人であろうといっている。
死体はクレバスの間で氷漬けになっており、何故スコーバレーでジャンプ中に消えたエアマンさんがヒマラヤの氷河の中で発見されたのか、謎というしかない』
〈あの若者だな……あれは夢じゃなかったんだ。じゃ一体……。
それにあの時感じた不思議な、共感のような気分は?
それにしても、今オレが名乗り出りゃどういうことになるんだろう?
本人であることが証明できても、ヒマラヤの凍死体とオレのスキーをどう説明すりゃいいんだ? 
そしてジャンプ中に消えたワケも……とにかく説明のつかないことばかり。
こんな夢のような話、信じてもらえるのだろうか?……〉

ぼんやり考えにふけりながら歩いていると、誰かに肩をたたかれた。
何と、あの行者だった!

行者はもっとずっと昔の時代の人だろうに、周りに見事に溶けこんで見える。

〈インドにはそんな面白さがあるな〉
行者と別れて、彼は混沌とした群衆の中へ入って行った……(おわり)



はそなたの礼賛の言葉

カテゴリー


「ではそなたの敬意と崇拝を得るために、わしは何を与えればよかろうか。この五千年のあいだ、わしを崇《あが》める者たちは一人として神殿に詣《もう》でることがなかった。わしは崇拝に飢えておるのだ――そして魂にも」
 ここまで聞いて、これは絶対に仲間の山羊飼いの誰かが自分をかつごうとしているのだとオサは思いこんだ。そこで裏をかいてやろうと、こう答えた。
「そうだな、おれは世界の王様になれて、永遠に生きられて、若いぴちぴちした娘が何千人も、何でも喜んでおれの言うことを聞いてくれて、あと黄金が一山あればいい。そうそう、それと山羊が戻ってきてくれればね」
「その望みと引き換えに、そなたの魂をわしに寄越すか」
 オサは考えこんだ。自分に魂があるのかないのか、そんなことほとんど気にもしたことがない。だったら魂がなくなったとしても、これといって不都合はないはずだ。さらに考えてみると、もしこれが本当に誰かの悪ふざけではなく、相手が本気なのだとしても、さっき並べ立てたとても実現できるはずのない望みのどれか一つでも叶《かな》わなかったら、約束は無効だ。オサは小さく肩をすくめて答えた。
「いいよ、わかった。でもまず山羊を見せておくれよ。誠意の印ってことでさ」
「ではふり返るがよい」声が言った。「探しものをよく見るのだ」
 オサはふり返った。確かにそこにはいなくなった山羊が立っていた。のんびりと灌木《かんぼく》の枝葉を食《は》みながら、不思議そうに青年の顔を見つめている。オサはすばやく山羊を灌木につないだ。この男にはやや心根の曲がったところがあった。無力な生き物を苦しめることに喜びを感じたり、度の過ぎた冗談を仕掛けたり、ちょっとした盗みを働いたり、あたりに誰もいなければ、独りで山羊の番をしている女に、口では言えないような振る舞いに及んだりすることさえあったのだ。オサは貪欲でだらしなく、それでいて自分の頭の良さを過大評価しているような男だった。山羊を灌木につなぎながら、オサの頭はすばやく回転していた。なるほどこの得体の知れないスティリクムの神は、求めに応じて迷子の山羊を見つけ出してくれた。だとしたら、ほかの望みも叶えられるのではないか。これは一生に一度の好機かもしれない。
「わかった」オサは無邪気を装って答えた。「とりあえずお祈りを一つ、山羊を見つけてくれた分だけだ。魂と帝国と富と不死と女のことは、あとで話し合おう。姿を現わしなよ。何にもない空気に向かってひれ伏すつもりはないから。そうそう、名前を聞いとかなくちゃ。ちゃんとしたお祈りをするには、名前を知らないとね」
「わしはアザシュ、古き神々のうちにあって、もっとも力強い者だ。そなたがわが僕《しもべ》となり、ほかの者たちをわが崇拝へと導くならば、わしはそなたの望んだ以上のものをもって報いよう。最高の地位に就かせ、そなたには想像もできぬ富を与えよう。もっとも美しい乙女たちがそなたのものとなり、命は尽きることなく、いかなる人の子も得たことのない、精霊界を統《す》べる力を与えよう。その見返りにわしが求めるのは、オサよ、そなたの魂と、そなたがわが元へ連れきたる者たちの魂だけだ。わしは切実に崇拝者を必要としており、わが孤独は深い。それゆえにそなたの報酬も大きなものとなるのだ。さあ、わが顔を見て、畏《おそ》れおののくがよい」
 石像を取り巻く大気が揺らめき、粗雑に彫られた像のまわりにアザシュの実体が出現した。とつぜん目の前に現われた恐ろしい姿にオサは縮み上がり、地面にひれ伏した。まさかこれほど醜いとは。しかし根が臆病《おくびょう》なオサは、姿を現わしたアザシュに向かって思ったとおりのことを言ったら、即座にこの恐ろしい神の怒りを買って、ひどい仕打ちをされるに違いないと思った。わが身が何よりもかわいい男だったのだ。
「祈るがよい、オサ」石像はほくそ笑んだ。「わが耳に飢えておる」
「おお、偉大なる――ええと――アザシュ、でしたよね。神の中の神、世界の支配者よ。わが祈りを聞き、つつましい賛美をお受けください。あなた様の前ではおれなどただの塵《ちり》にすぎず、あなた様は山のように、おれの前に聳《そび》えています。この憐《あわ》れな山羊を返していただいたことにつき、心の底からあなた様への崇拝と、称讃と、感謝を捧げます。家に帰ったらすぐ、いなくなった罰として、こいつはしたたかに打ちすえてやります」オサは震えながら、この祈りにアザシュが満足してくれることを、せめて気をゆるめて、逃げだす隙《すき》を与えてくれることを願った。
「まずまずだな、オサ。いずれはそなたも、もう少しましな礼賛ができるようになるだろう。行くがよい。わしはしばらく今の粗野な祈りを味わうことにしよう。明日もまた来るのだぞ。そのときはわしの考えていることを、もう少し詳しく教えてやろう」
 山羊を連れてふらふらと家に帰ったオサは、二度とあの神殿へは行くまいと心に誓った。だがその夜、住まいにしていた汚い小屋の粗末な寝床で寝返りをうちながら、青年は心の中で、富と、自分の思いのままに情欲のはけ口となる若い娘たちのことを思い描いた。
「もう少し成り行きを見てみるか」寝苦しい夜が明けるころ、オサはそうひとりごちた。
「逃げるのはいつだってできるんだから」



それをクリングに

カテゴリー

「試してみるかい、ドミ」言いながら立ち上がり、「守れるもの如新nuskin產品は守ってみな。残りはおいらが盗んでみせるから」
 戦士は頭をのけぞらせて大笑いした。タレンはもう男に近づいて、すばやく両手を動かしていた。
「いいだろう、若き盗賊よ」ドミは嬉しそうに笑いながら両腕を広げた。「できるものなら盗んでみるがいい」
 タレンはうやうやしく一礼した。
「お申し出はありがたいけど、もう盗ませてもらったよ。貴重品はほとんど一つ残らずいただいたと思うな」
 クリングは目をしばたたき、あわてて身体じゅうを服の上から叩きは如新nuskin產品じめたが、やがてうめき声を上げた。
「いい結果になりそうじゃないか」スパーホークがささやいた。
 タレンは盗んだ品物を取り出して棚卸しを始めた。
「ブローチが二つ。指輪が七つ。左の親指にはまってたのはずいぶんきついね。金の腕輪が一つ。これ、調べてもらったほうがいいよ。真鍮《しんちゅう》が混ぜてある如新nuskin香港と思うな。ルビーのペンダントが一つ。高く売りつけられたんじゃないといいけど。あんまり質のいい石じゃないからね。あと宝石を嵌《は》めこんだ短剣が一振りと、剣の柄頭《つかがしら》の宝石が一個」タレンはぱんぱんと両手をはたいて見せた。
 ドミは大きな笑い声を爆発させた。
「この子を買うぞ、わが友ティニアン。最高の馬の群れを一つやろう。この子は実の息子として育てる。こんな腕のいい盗賊は見たことがない」
「いや――申し訳ないが、この子は売り物じゃないんだ」
 クリングは嘆息した。「馬は盗めるか」残念そうにタレンに尋ねる。
「馬は服の隠しに入れるには大きすぎるね。でもやれると思うよ、ドミ」
「すばらしい。この子の父親はさぞ鼻が高かろう」
「あまりそんな気はしませんね」クリクがつぶやく。
「ところで、若き盗賊よ」クリングがほとんど申し訳なさそうに切り出した。「財布も一つなくなっているような気がするんだが――かなり重いやつが」
「ああ、いけない、すっかり忘れてた」タレンは額を叩いて、服の下からずっしりと重い革の袋を取り出し、ドミに手渡した。
「中身を数えたほうがいいぞ、わが友クリング」ティニアンが忠告する。
「この子とおれはもう友だちだから、信用することにする」
 タレンはため息をつき、あちこちの隠し場所からかなりの数の銀貨を取り出した。手渡しながら、
「こういうのってやめてもらいたいなあ。楽しみがなくなっちゃうよ」
「馬の群れ二つでは?」とクリング。
「申し訳ない。塩と話だけにとどめておこう」
 二人は塩を振った肉を食べ、タレンは馬車のほうに戻ってきてスパーホークに話しかけた。「馬をもらっとけばよかったのに。おいらなら、暗くなってから逃げ出せばいいんだもん」
「木に鎖で縛りつけられるぞ」
「鎖なんて、一分もあれば抜けられるさ。ああいう馬がどれほどの値打ちものかわかんないの?」
「この子をしつけるには思ったより時間がかかりそうだ」カルテンが言った。
「護衛はいらんか、わが友ティニアン」クリングが尋ねた。「おれたちの用事は大したものじゃない。母なる教会とその騎士団の役に立てるなら、喜んで手伝わせてもらうが」
「ありがとう、わが友クリング」ティニアンは頭を下げた。「だが、こちらの使命はわれわれだけでじゅうぶんに対処できる」
「うむ、聖騎士の武勇は伝説的だからな」



落語や狂言

カテゴリー

「噺家(はなしか)殺すにゃ刃物はいらぬ あくびの一つもあればよい」
という言い方をされることがある。


また、
「笑いなくして即死する」という表現もあるが。
なかなかどうして、どうして、図太く生き延びhome gym equipmentている噺家も多い。

だけども、三遊亭円生のことばに
「笑いがないのに、お客を厭(あ)きさせず、最後まで噺を聴かせるのが最高の芸人」
というのがある。
笑いをとるばかりが噺家の役目ではなさそうだ。

また、江戸時代から、幕府御用狂言師を勤めた大蔵流狂言の
明治期の初世・山本東次郎の芸談に
「演じている時に、見所で笑いがおこったりM2數學すると、楽屋に引きあげた時に
父親から『どうして、人を笑わせるような下品な演技をした』と叱られたという。

芸にあらわれているユーモアのセンスやウィットといったものが大切で、
爆笑を呼ぶことだけにこだわってはいけない中醫婦科 という戒めが込められていたようだ。
実際、笑いのない喜劇は、面白みがないが、
笑いをとるためだけに汲々としている芸は、どこか疲れてしまうところがある。



暑さ さえ感

カテゴリー

今日は一転、冷たい風が吹き、
いよいよ冬に向かっていることを感じた一日でもあった。
ふと、通りを歩いている時に、葉鶏頭(ハゲイトウ)を見かけた。



この植物、かなり古い時代に中国から伝来したようだ。
『枕草子』にも、
この葉鶏頭について書かれた一節がある。
そこ深港通 股票には、
「かまつかの花 らうたげなり
名ぞうたてあなる 雁の来る花とぞ 文字には書きたる」とある。
ちょっと表現がむずかしいが、
現代文にすると、
「葉鶏頭の花は、いとおしく可愛い。
雁の来る花という、胸がキュンとするような名前が書かれている」
という意味になるだろうか。

葉鶏頭を意味する「かまつかの花」という名前は、
今では、別の花の名になっているが、
「雁来紅」という名は、今でも葉鶏頭の呼称となっている。
この表現、清少納言TAF時間差療法はないが、
なんとも、シャレた名であると感じる。

どうも、松尾芭蕉も、その名にロマンを感じたようだ。
彼の俳句に
『鶏頭や 雁の来る時 なお赤し』 
という句がある。
この句が詠まれたのは、
鶏頭が、
その赤さで存在感を示している仲秋を過ぎた頃までのハズ。
だけども、雁が実際に飛来してくるのは、晩秋。そこには、
季節が違うほどのタイム・ラグがある。

芭蕉は、そんな時差があることを知りつつ、
(『雁の来る時 なお赤し』という)
「なお」という言葉をつけて、
タイム・ラグを、味わいのある余韻に変換している。

そういった時間や季節を操作することで、
なかなかの「味」を出色斑している。
この、時間を操作する手法は、
文学ではなく、政治でおこなうのはイタダけない。

「近いうち」解散と言ってたものが、
暮れ頃はおろか、いつになるか解らぬという状態。
これでは、味わいの欠片(かけら)すら
あったものではない。
芭蕉もあきれる「タイム・ラグ」!




はセイレの手を引き

カテゴリー

「よい、わしが話そう。ギリーバ」
ヨミの花園から吹く風に乗り、ダゴスがなっぴたちの前に現れた。


「タオから最初に生じたものは、明るく軽い『マナ』と暗く重い『ヨミ』。『ラグナ』とは、その二つをあわせもつ、まるでタオのようなものだった。それはとらえどころの無いぐにゃぐにゃしたものだったという。タオは三番めに生じたそれを忌み嫌い、彼方に捨て去ったのだ。そのためお前たちの伝承には現れない…。やがてこの辺境の星に『ラグナ』はたどり着き、落ち着いた。しかしこの星にマナとヨミが現れた時、臆病な『ラグナ』はこの地に深く隠Amway傳銷れたのだ」

「光と闇を併せもつ生命体…、それって」
「そうだ、なっぴ、俺たちやムシビト、人間、アガルタのカイリュウ、人魚と同じ知的生命体が既にこの星には住んでいたのだ」
ダゴスは話しを続けた。

「ただひとつ違っていたのは、骨が無い。この星に寄生できる生命体が産まれてくる長い間、何も出来ない身体であったという事だがな」
「ヨミ族とは、ラグナが寄生し進化したこの星の生命体を指す言葉だ、覚えているか?マイを救ったヨミのゆりかごを、その時マンジュリカーナがヨミ族の事を『この星の先住民の末裔』だと言った事を…」
「『マイ』を再誕さ嬰兒濕疹せた時…」
なっぴはそのときのことを思い出した。

「『ロゼ』、今の私では肉体が完全に無くなったものを生き返らせる事はできません。しかし『ヨミのゆりかご』は身体のダメージの進行を遅らせる事ができます。その後、『精神エネルギー』を空色シジミ『パピィ』に変え、正しき心の戦士とともに『マナ』をため続けなければなりません…、『ダゴス』あなたの『ヨミの術』と『由美子』の正しき心のおかげでひとつの命が救われたのです。…しかし、この術は既に絶えたものと聞いていましたが…」
『ダゴス』は何も答えなかった、『マンジュリカーナ』はひと言だけ言った。
「やはり、あなたたちは『彼ら』の末裔だったのですね…」

ダゴスはこう、話を締めくくった。
「ヨミの術とは、マンジュリカーナの再誕の術とは違い、甦った物はまったくの別の意志を持つ」
「そんな再誕に何の意味があるの?」
なっぴの疑問は当然だろう。

「グフフッ、わしらの道具になるためさ…」
そこに黒サソリ『ザラム』が現れた。その瞬間ムシビトの二人は『ザラム』に吸い込まれていった。
「こうして、再誕させた『道具』を身体に取り込み、次第に力を付けていくのさ、『タオ』を越えるために…」
「お前は『黒サソリ』、では残りの棺も…」
「そこいらに転がっているだろう、馬鹿力のカイリュウの生き残りに開けさせたのさ。わしたちはひからびていたが、タオの作った物、死ぬ事は無い、『ダゴス』お前も知っているはずだろう?」
「カイリュウ?それはメイフの事か?」
『ダゴス』はそう、とぼけ康泰て言った。
「ギバハチが生きていたのさ、カイリュウの力を失わずに…」
「…」
「ぐふふっ、まあいい。新しい『道具』が手に入る前に、お前はここで殺してやろう」
黒サソリは二本の尻尾を曲げ、毒針を構えた。ダゴスは鋭い牙と足先の爪を開いた。
「ギリーバ、なっぴたちを連れて行け」
進み出ようとする『ギリーバ』の足を『ダゴス』が止めた。
「ほう、さすがヨミ族の王、今の俺の力がわかるらしい。お前たちは後でゆっくり追い詰めて殺してやる。楽しみにしていな…」

傷ついたミコをギリーバが抱え、なっぴ、歪んだ空間に消えた。
(ダゴス、死なないで…)
なっぴもザラムの強さは感じ取っていた。
(新しい敵、ラグナ…)
なっぴの胸騒ぎは収まらなかった。

なっぴたちをホテルに送るとすぐに、『ギリーバ』は引き返そうとした。彼もいやな予感がしたのだった。なっぴの声がその背中を包んだ。
「気をつけて、ギリーバ…」
「ああ…」

彼は『ねじれ』の戻りかけた空間に吸い込まれていった。




ただし男しかバトル

カテゴリー

シルティはヨミ族の巫女アゲハ、移住して来たムシビトの系統とはつなBetter Life 清潔液がりが無い。この星の先住民の持つ力を扱う事ができる。

 この星で産まれたアロマリカーナがアキナに使った禁呪のため、アガルタが狂い始めた。その後責任を感じたアロマはその力を「虹の石」に封印する。マンジュリカーナの力を失い、生死をさまようフローラの三姉妹を救うにはアロマリカーナの禁呪を使うしか無い。
そしてその後王国から「カブト(カムイ?ブ?ミコト)、イオ、アギト」をなっぴの元に送還することに決まった。

 ゴラリアのエレファスは生涯独身を貫くつもりだが、テラリアのコオカは色斑シルティを思っていた。一方ダーマに幻術をかけられたシルティはコオカへの思いを「フランタイヤンマ」への思いにすり替えられていたのだ。幻術から解かれたシルティは、まずは巫女アゲハとしての役目を果たさねばならない。

 竜化したカイリュウを超えるカブトたちを送還するために、シルティはついにヨミの扉を開いたのだ。




由美子はヨミ族のアシダカグモ「ドモン」と婚約中。人型の時はそうでもないが、バトルモードのドモンはこんな姿なのに何故由美子が婚約しているのか謎だ。まあ、母のスカーレット(フローラ)譲りなのかも知れない。

 ムシビトはバトルモード以外では人間と大して違わない。モードをもたない。(これはアガルタの魚人も同じだ)ムシビトの女は巫女以外は人型のままだ。巫女は髪の色や瞳が変化するがそれ以外は変化をしない。
このムシビトのバトルモードへの変化を「メタモルフォーゼ」として新加坡機票マンジュリカーナがレムリアの巫女に伝授したのである。

 さてアガルタについて触れるとカイリュウ族は「竜化の術」というもので竜に化身できた。 ただしヤマタノオロチを昇天させるためにその力を失ったのである。ギバハチの「竜化の術」が偶然に飲み込まれたクジラに守られて残っただけなのだ。カイリュウ族の女は人魚とよばれる。シャングリラ、七海の人魚は特殊な力を持つが、巫女ではない。
 レムレアの巫女に当たるのは「エスメラーダ人魚」の三人だけだ。アガルタ最高の巫女とは、アキナ、カルナ、ラミナそしてセレナへと続く。セレナが覚醒すればマンジュリカーナに匹敵する「ツクヨミの力」を使えるのだ。





一目惚れの事

カテゴリー



”Le coup de foudre(ル ク ドゥ フードル)” と表現する。
直訳すれば、『雷の一撃』。
まさに言い得て「妙」の言葉の代表のような気がする。

日常的にも、
C'est le coup de foudre?
(それって、一目惚れ?)
という表現を耳にする。

フランス演劇史で、一目惚れという表現が当て嵌鮮魚行まるのは、
パリで最初の「ハムレット」がオデオン座で上演されたときのこと。
時は、1826年。
シェイクスピアが芝居を書いたのが1600年頃。
それからすると相当の年数が経ってからということになる。

それまで長い間フランスでは、
古典演劇の「型」を踏襲しなければならないという回收傢私キマリがあった。

新しい演劇に対する気運があり、
劇作家や音楽を担当する作曲家も新しい演劇を模索していた。
「幻想交響曲」で知られる作曲家のエクトル・ベルリオーズもその一人。
文学者のユゴーやデュマとともにこの「ハム物理課程
レット」の芝居に注目した。

その劇自体よりも
オフェーリアの役で出てきたアンリエット・スミッソンの可憐さに
誰もが注目した。代役だったが、
多くの人にまさに”Le coup de foudre" を与えた。
かのベルリオーズも、『雷の一撃』を受けた一人だった。

一途な思いを持ち、その五年の後、
彼は、そのアンリエットと結ばれたという。

彼女も女優を捨てて
浮き沈みの激しい彼と貧苦をともにし、一子を残し生涯を終えた。
ロマン派の作曲家エクトル・ベルリオーズは、
生涯自体も”ロマン派” だったようだ。