サイクルが違うの

カテゴリー

その人の、嫌いな部分もある。
性格や嗜好の面で。
ある程度の訪問で遠ざかったのは、そのせいでもある。
しかし、年月が経つと、嫌いな面は、私自身のコnuskin如新ンプレックスから来るものだったりしていた。
なので、今、その人と向かい合っても(といっても、勝手に一方的にブログを読むだけだが)、
以前のような感情はない。

わたしも成長した(年を取った、とも言う)。
あの人も、まるくなられたと思う。
意気込みを通り越して、なんだかムキになnuskin如新っていた、肩にへんに力が入っていた、
キツさ、刺々しさ、デリケートな心を隠すような強気の姿勢、無理やりっぽい明るさ、
そういうものが消えていたように感じた。

おそらく、子育てがひと段落して、楽になったこと、落ち着いたことで、
生活そのものを楽しめるようになったのだろう。
彼女は、わたしより10歳も年下なので、いつまでも死ぬまで10歳年下なのだが。
たった10歳で、あんなに生活だ、と、自分でもびっくりした。
子供や夫、つまり家庭を軸にすべてが回る生活。
子育て期の専業主婦か否か、では、当然違って当たり前なのだが。

あと10年経つと、どうなるのだろうと想像してみる。
お子さんたちは、全員成長され、独立されnuskin如新るだろう。
日ごろは、ご主人と二人だけの静かな生活。
(フランス人は、日本人の結婚観とは少し違い、結婚は事実婚重視。
嫌いになると、すんなり別れる傾向にあると、感じる。
ご主人と別れていないとは思うものの???)
しかし、なにかの機会には、みんなで集まって楽しい時間を過ごされることだろう。