らタブレターがット

カテゴリー

ブログというものは、書かれている内容が気になるところに訪問するようだ。
人々は、より刺激的な内容に惹かれていくものらしい。

同じブログでも、刺激的なことが書かれている時期は、多くの人々はそこに集中し、
打って変わって落ち着き、なにげな香港景點い内容になると、ささーっと引く。
まあ、これは、エッセーなどのカテゴリーでは起こらない現象だと思われるが。

ブログのカテゴリーには、同好の人々が集う。
なので、興味の対象や感性も、同じようなもの、質なのだろう。

わたしだけかも知れないが、
年齢が上がってくると、生々しい事象には、あまり興味がなくなる。
ギトギト、べとべと、???体力、気力を消耗する。
そんなのよりも、爽やかな、さhong kong business schoolらっとしたものを好む。
食べ物の嗜好に似ている?
人との争いや比較も、疲れるだけだ。
自分と争うほうが、ずっといい。努力する自分を見続けるのも楽しい。
過去の自分、現在の自分、未来の自分。
比較するのは、時系列に並べられた自分。

ある意味、年とともに自分が確立されてくるのだろう。
人の動向に刺激は受けても、惑わされるには至らない。


「おかあさんは、友人がいないんやね」
と、上娘が言う。
「はい、そうですが、なにか?」
かわいげもなにもなく、開き直るというか、「友人ってなに?」と逆に彼女に質問する。

「友人たちと会って話して、お互いに経験談を聞き、取り入れ、失敗談からは学び、
友だちの友だちの話も刺激を受けたり参考急凍雞にしたりできる。
自分の指針にもなるし、会っていると、第一、楽しい。
すばらしい関係」
そう彼女は力説する。

「会う時間を工面し、時間、労力、お金を費やして、なんにも面白くない」とわたしが言うと、
それは、友だちでもなんでもない、そうだ。
そうだろう。おっしゃるとおり。


「おかあさん、一方的コミュニケーション、楽しい?」
と、ブログ更新をしているわたしの背中から、上娘が言う。
彼女は授乳させながでCNNニュース(英語)を聴いている。
いまは、オバマ大統領のなにかの発言について、キャスターが注釈を加えているようだ。
妹(下娘)にも勧め、妹が今度は聴いている。

資格試験を受けるため勉強中である上娘が、その道の先輩である下娘に質問をしていた。
下娘は、だだだーーっと、数式の説明をしていた。(ちんぷんかんぷん)
この光景を、わたしは好ましく見ている(ただし、ブログ更新中なので背中で)


とりあえず、一日一回、ブログを更新しないと、気になってしかたないという、
不思議な病魔に侵されてしまった者の、楽しくも悲劇的な日常である。


仕事オフ、姉妹の顔が揃う、久しぶりの、ゆったりした週末の午前。





にいればいるほど

カテゴリー

こころの整理が、つかない。が立つと、どうするか?
やけ食いとか、そんなことは、一度もしたことがない。
机や壁を叩くとか、アタマをぶつけるとか、自分が痛いこともしない。
こころの中では、よく、ちゃぶ台をひっくり返している。

家の外では、腹が立つことはほとんどないが、おそらく、ムカ自然搜索排名つかれていることは、あるだろう。
自分が気付いていないだけで。

アカの他人の行動に対しては、腹が立つ、を通り越して、理解できない、という状況になる。
まったく文化、習性、考え方の違う外国人か、はたまた宇宙人なのか?と感じる。


知人の場合は、ほとんど、腹が立たない。(想像してみると、腹を立たれているほう)
家族の場合は、腹が立つと同時に、腹の中で性零類接觸行銷質の悪い物質に転換され、いろんな臓器に転移し、
徐々に、あちこちを蝕んでいく。
といっても、腹を立てるのは、家族のなかで、特定の1名だけであって、
他の家族に対しては、めったに腹を立てることはない。
一生のうち、数えるぐらいだ。
それも、仮に腹を立てた事実が過去にあったとしても、内容すら忘れている。

つまり、特定のある人物といっしょ、わたしの内臓は、どんどん悪化する。
しかし、その、わたしに腹を立てられている特定の人物は、
わたしが腹を立てている、煮えくり返って、瀕死の状態であるこ鮮魚行とをぜんぜん、知っていない。
これは、やはり、あきらかに、わたしが悪い。
どう、贔屓目に見ても、だ。

そう思うと、腹が立つ物質は、別の性質になり、わたしの体中を蝕みまくったあと、消えることなく、
悪質な物質を、抗生物質などを利用して、適正な治療や手術をせず、放置した、その原因は自分だ、
ということになり、ブー自分に帰ってくる。
自分の首にグサっと刺さる。

自分が悪いのだ。

悪循環。負のスパイラル。

日頃、ブログで、プラスのスパイラルを提唱、唱えているわたしなのに、
実際には、ぜんぜん、そんなことは出来ていない。
口だけ、筆だけ、意気込みだけ、理想だけ、???ということだ。

(なんらかの直接の原因がなくても、わたしは気分屋なので、書いた時は、ほんとうに、そう思っている???
書いた時の気分には、晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、嵐、雪、台風、竜巻の日もある。
書いた瞬間に、その気分はまた別のものに変わっていることもある)

と???
別に、その特定の人物と、具体的に、最近、なにがあったわけでもないのに、
「腹が立つ」というテーマで、書こうとすると、こんなに、ネチネチと筆が進む。
なんと、嫌な性格であろうか。わたし。
とまた、自分にブーメランが戻ってくる。




ピーッと鳴りました

カテゴリー


顔とカラダは、かなり大きな要素だと思う。
身体能力もさることながら、見た目が、効く。

背筋がぴしっとしていて、お腹まわりがスッキリ。
動作が、キビキビ、あるいは、優雅。
年齢がいっていても、お色気詩琳 好唔好というものが漂う。
しかも、男性女性、両方。

じーさん、ばーさん、と、侮ってはいけない。

前に、とてもステキな男性をお見かけした。
年の頃なら、75歳ぐらい??
知的で、やや枯れていて、ダンディ。
わたしは、最近は、食べ物の好詩琳みもそうであるが、
あまり、ぎんぎん、ぎらぎら、べとべとは、受け付けなくなった。
冷ソーメン的に、さらっと、上質、上品が、好き。


とか言いつつ、明日は、家族が寄り集まって、我が家で焼肉パーティ。
べとべと、ぎんぎん、大汗をかき詩琳そうだが。

我々は、実家がらみの夏の納涼?恒例焼肉パーティには参加しないが、
自分たちで別に、自宅で焼肉をすることになった。
焼肉に参加する若い彼らは、
なんと、前もって、ホットプレートを用意して持ってきてくれた。
ただし、箱に入った器具のみ。
あとは、お願いしますね、という流れ。

わたしは、肉をはじめとする材料、その他、一切がっさい担当。
まあ、親というものは、そういう役が回ってくるものだ。


我が家の固定電話は、留守番電話にしている。
伝えたいことがある場合は、メッセージが入っている。
が、それはマレで、ほとんどは、かけてきた人は、こちらの留守番メッセージが流れる間、待たず、
「ただいま留守にしていますら???」
と、こちらの留守番メッセージの第一声が流れると、ぶちっと無言で切られる。

いきなり、「もしもし」と話す人もなかにはいるが、
「ただいま、留守にしています???」と留守番メッセージの冒頭が聞こえると、がちゃんと切られる。

「もしもし???○○です。いま、外にいるから、開けて~」と、家族からの聞き覚えのある声が聞こえると、
即座に玄関に駆けつける。

身内(家族や実家関係)、友人、知人、業者たちは、全員、ケータイ。

というわけで、わたしは固定電話には出ない主義だ。
玄関のチャイムも、宅急便と、郵便屋さん以外は、出ない。
セールス一切お断り。
宅急便かなと思って、インターホンを取ると、セールスだったりして、
インターフォン越しにやりとりする場合もあるが、玄関に出て行くまでもなく、お断りする。
ご近所さんの場合、「○○です」とか、見覚えのない顔でも、「自治会の△△です」とか、
名乗ってくれるので、出る。

いくら電話をかけても、わたしが出ないので、業を煮やした押し売り業者が、直に家に訪問してくる。
応対しないと、押し売り内容の入った封筒などを、玄関先の郵便受けに放り込んである。
わたしは、「押し売りはお断り!!」なのに、一向にめげずに、どんどん、がんがん押し売りに来る。
こちらは、応対しないにしても、精神的に、けっこう、疲れる。



言うことをきかな

カテゴリー

家を飛び出して行くのは、あるカタマりの人数の人には、期待ハズレなんだと受け取った。
リアル充実なブログは、お嫌いかと?


一昨日は、徒歩で、ふた駅向こうの、美術史家の邸宅を美術館にした、マル詩琳 好唔好モッタン美術館に出向いたが、2ヶ月近くお休みだった。
残念。
現地の新聞か、インターネットで事前に調べたら、わかったのだろうけれど。
で、公園で秋を満喫しつつ、帰り道にスーパーマーケットに寄って食糧調達したりして、とぼとぼ歩いて帰った。


突然、目の前に、立派で美しいエッフェル詩琳 好唔好塔が現れ、びっくり。
建築美。
しっかり、どっしり、しかも、きりっとしていた。
初めてでもないのに、新鮮だった。
しかしまあ、なんと、アパルトマンから近いことか。
大勢のパリのおのぼりさんたちが、楽しそうにハイになっている顔に出会った。

傍らで、階段に腰を下ろす、どっと疲れた表情の、皮膚の色の濃い人。

そのまた傍らで、またまた人間ウォッチャーに化妝課程なっているわたし。
どこにいても、わたしは、わたし。


げんなり。

記事カテゴリーに「旅」を選んだものの、異国の地で引きこもっているだけ。

今日は真面目に外出しよう。

そう思ってブログ更新を手早く済まそうと、

なかなか言うことをきかないiPadをなだめながら頑張って入力、さあアップというところで、

ああ。。。。。消えた。

こういう時は、ほんとうに疲れる。

やる気を出してもう一度....となっても、アタマからも消え、違うことを入力している。






フトしたこともあり

カテゴリー

最初の一軒。
玄関チャイムを鳴らすと突然出てきた顔が、とても懐かしくて、ぺらぺらしゃべると、
「ちょっと待ってください」と、奥の人を呼ぼうとする。
「なんで引っ込むの?」と、それを無視して、ご挨拶Dream Beauty Pro 好唔好の続きで、べらべらしゃべり続けると、
相手も、強引に、わたしのおしゃべりを中断させ、奥に呼びに入ってしまった。

で、奥から出てきた人は、わたしの知っている人が、いきなり40年ぐらい歳をとった顔。
浦島太郎の玉手箱??
じゃあ、この、わたしがしゃべっていた人は?
二人同時に並ぶ。
同じ人物の、若い頃と、歳がいっDream Beauty Pro 好唔好た頃。ビフォー?アフター。
この二人は、親子のようだった。
わたしの脳内の時計やカレンダーが、ぐるぐる過去に戻ったり、早回りしたり。
現在にたどり着こうとすると、あれれ、混線、混乱。
二人同時に並べられて、やっと、解明される。
ダブった線は、一重に、ぴったり重なった。


二軒目も、玄関横からにょきっと出た顔を見た瞬間、「見たことある顔!!」。
だれ?だれ? この顔? 
脳内ではデータがデジタル化されていなく、古い図書館のごとく、パラパラとファイルをめくる音。
ファイルの古い奥あたりで、繰るDream beauty pro 黑店スピードはゆるくなり、
止まったページの記憶では???、その見たことのある顔は、そこの家のおばちゃんの旦那さん。
当時ガキ大将だった男の子の、父親だった。


でも、わたしが子供の頃に見たことのある顔が、そのままの年齢で同じ場所にあるというのは、ヘンだ。
よおく考えてみる。
そのおっちゃんが、再現されていた。
そして、さらに考えると???息子さんなのだろう。
DNAが完璧に伝わり、復元されていて驚いた。

三軒目は、ちょくちょく訪れているお宅なので、問題なくクリアー。


斜め前の家に住んでいるにもかかわらず、「斜め前の○○○○の娘です」と、それぞれに挨拶する、奇妙さ。
こちらは知っているが、あちらがわたしを知らないと困るので。
小さい頃は、近所の子供たちとよく遊んでいたが、小学校以降は、あまり遊ばなくなっていたし、
それ以来は、生活拠点がシ、ほとんど近所には顔を出していない。




がいいと感じれば

カテゴリー

頭脳、発想、行動力、ひたむき?強靭なタフさ、これ耳鼻喉專科醫生がないと、気持ちだけではどうしようもない。


ちょっと小金持ちになって、まわりを幸せにしてあげるよりは、多くの人々の価値観を変えてやる、
そっちのほうが、彼は楽しい、意義があるという。


若さって、いいな。
すっかり守りの年寄りであるわたしは、思うわけである。
遠い目でもなんでもない、自分には若き日に、そう壹美健 水光槍いう「社会を変えてやる」的な熱情は、全くなかったんだけど。
力のある人は、どんどんその力を発揮してほしいと、思わず応援してしまう。
が、(娘たちを含む)若い人々の躍進的な話に、ついていけなくなっている、
蚊帳の外からなのが、哀しいところだ。

蚊帳の外は、それはそれで、ほっこりしているが。自分のブログを読んで、にやにや。
これは、究極の気持ち悪い人である。
なんと、今の自分とまったく同じ考え、感じ方をまとめた文章であろうか。
あたりまえ、だいたいは、当日の朝に本人が書いている。


例えば、着たい服が売ってないから、作る。(自分で作る場合も、作ってもらう場合もある)
食べたいものが手に入らないから、作る。
こだわる人は、食材の野菜まで自分で作る。

見たい映画がないからといって、自分で自己染髮作る人はない。(稀にいるが、稀な大金持ち)

なんであれ、こだわりの人は、できる範囲なら、自分専用カスタムメイドで。



母の生き方を見て、自分は別の生き方、自分の道を歩く。
いいなと、思えば、マネする。
部分的に取り入れたり、反面教師にしたり、見本、たたき台、参考にする。

参考にするものが多すぎると、道がぼやける。
選択肢は、ある程度、限られた数のほうが、迷いが少なくてよい。
それと、ありえない実現不可能な選択肢を候補の中に入れる入れる人は、あほ。
単なる空想家。(わたしには、少々、その傾向もある)
時間を無駄にするには、もってこいではあるが。



いくつもブログを

カテゴリー

最初、美味しいほうから食べたが、一人、二口(ふたくち)ぐらいの感覚。
一瞬、あっという間。とろっとしたら、それでおし鑽石能量水まい。
食べたことも忘れるぐらいの微量に感じた。

安いほうは、量がある。
ボリューム、命。

がんがん食べても、ぜんぜんへっ鑽石能量水ちゃら。
食べても食べてもまだまだある。
1時間食べ放題1480円か、1980円の店って、こんなかんじか。
吉野家か、すき家は、こんなかんじか。
(わたしは、過去数回しか食べたことがないので、あまりよく覚えていないが)
牛肉は少し残り、皆、満足した。


どんな肉であろうが、朝の部屋は肉のいいニオイで満たされている。
おそらく、ご近所でも、ニオイはよくても、いい肉か悪い肉か、わからないことだろう。
わたしは、肉の感想は、皆には決して口に出さなかった。
場をシラけさせてはいけない。
せっかく買い物をしてくれて、わたしはとても助かったのだから。

安いからだめとも、思わなかった、不味いとも思わなかった。
高い霜降りは、確かに美味しいが、それだけだ。が、これはこれで、素晴らしい。

「特別に美味しい」肉と、「ふつうに美味しい」肉のすき焼き、
家族が寄って皆で食べたら、とても幸福だった。ブログのタイトルというものは、重要だ。
はじめてタイトルを見て、どんなブログだろうと興味をreenex膠原自生そそられ行ってみる。
お客を呼び込む看板である。

たとえば、自分で恥ずかしげもなく「カリスマ○○の○○日記」とか、
「いいのオンナのつぶやき」とか、そういうかんじのタイトルもある。
「借金地獄のまっただ中で」や「痴情の果てに」みたいな、内容がすぐわかるタイトルもある。
同じ人がハンドルとタイトルを変えて、開設している場合もある。

わたしも、こういう系のタイトルにしてみてはどうか。
「セレブなためいき」「愛の逃避行」「女社長のゼニ日記」「国に切り裂かれた愛」
う~ん???無理がある。作為的偽証、作り話になるし。

「美はわたしのもの」「世界一の美女と呼ばれて」「資産世界一のセレブ?デイリーライフ」
なんてのは?
「安倍総理との暮らし」「プーチンとわたし」「モナコ王妃との日々」とか?
ありえない???。