はセイレの手を引き

カテゴリー

「よい、わしが話そう。ギリーバ」
ヨミの花園から吹く風に乗り、ダゴスがなっぴたちの前に現れた。


「タオから最初に生じたものは、明るく軽い『マナ』と暗く重い『ヨミ』。『ラグナ』とは、その二つをあわせもつ、まるでタオのようなものだった。それはとらえどころの無いぐにゃぐにゃしたものだったという。タオは三番めに生じたそれを忌み嫌い、彼方に捨て去ったのだ。そのためお前たちの伝承には現れない…。やがてこの辺境の星に『ラグナ』はたどり着き、落ち着いた。しかしこの星にマナとヨミが現れた時、臆病な『ラグナ』はこの地に深く隠Amway傳銷れたのだ」

「光と闇を併せもつ生命体…、それって」
「そうだ、なっぴ、俺たちやムシビト、人間、アガルタのカイリュウ、人魚と同じ知的生命体が既にこの星には住んでいたのだ」
ダゴスは話しを続けた。

「ただひとつ違っていたのは、骨が無い。この星に寄生できる生命体が産まれてくる長い間、何も出来ない身体であったという事だがな」
「ヨミ族とは、ラグナが寄生し進化したこの星の生命体を指す言葉だ、覚えているか?マイを救ったヨミのゆりかごを、その時マンジュリカーナがヨミ族の事を『この星の先住民の末裔』だと言った事を…」
「『マイ』を再誕さ嬰兒濕疹せた時…」
なっぴはそのときのことを思い出した。

「『ロゼ』、今の私では肉体が完全に無くなったものを生き返らせる事はできません。しかし『ヨミのゆりかご』は身体のダメージの進行を遅らせる事ができます。その後、『精神エネルギー』を空色シジミ『パピィ』に変え、正しき心の戦士とともに『マナ』をため続けなければなりません…、『ダゴス』あなたの『ヨミの術』と『由美子』の正しき心のおかげでひとつの命が救われたのです。…しかし、この術は既に絶えたものと聞いていましたが…」
『ダゴス』は何も答えなかった、『マンジュリカーナ』はひと言だけ言った。
「やはり、あなたたちは『彼ら』の末裔だったのですね…」

ダゴスはこう、話を締めくくった。
「ヨミの術とは、マンジュリカーナの再誕の術とは違い、甦った物はまったくの別の意志を持つ」
「そんな再誕に何の意味があるの?」
なっぴの疑問は当然だろう。

「グフフッ、わしらの道具になるためさ…」
そこに黒サソリ『ザラム』が現れた。その瞬間ムシビトの二人は『ザラム』に吸い込まれていった。
「こうして、再誕させた『道具』を身体に取り込み、次第に力を付けていくのさ、『タオ』を越えるために…」
「お前は『黒サソリ』、では残りの棺も…」
「そこいらに転がっているだろう、馬鹿力のカイリュウの生き残りに開けさせたのさ。わしたちはひからびていたが、タオの作った物、死ぬ事は無い、『ダゴス』お前も知っているはずだろう?」
「カイリュウ?それはメイフの事か?」
『ダゴス』はそう、とぼけ康泰て言った。
「ギバハチが生きていたのさ、カイリュウの力を失わずに…」
「…」
「ぐふふっ、まあいい。新しい『道具』が手に入る前に、お前はここで殺してやろう」
黒サソリは二本の尻尾を曲げ、毒針を構えた。ダゴスは鋭い牙と足先の爪を開いた。
「ギリーバ、なっぴたちを連れて行け」
進み出ようとする『ギリーバ』の足を『ダゴス』が止めた。
「ほう、さすがヨミ族の王、今の俺の力がわかるらしい。お前たちは後でゆっくり追い詰めて殺してやる。楽しみにしていな…」

傷ついたミコをギリーバが抱え、なっぴ、歪んだ空間に消えた。
(ダゴス、死なないで…)
なっぴもザラムの強さは感じ取っていた。
(新しい敵、ラグナ…)
なっぴの胸騒ぎは収まらなかった。

なっぴたちをホテルに送るとすぐに、『ギリーバ』は引き返そうとした。彼もいやな予感がしたのだった。なっぴの声がその背中を包んだ。
「気をつけて、ギリーバ…」
「ああ…」

彼は『ねじれ』の戻りかけた空間に吸い込まれていった。




ただし男しかバトル

カテゴリー

シルティはヨミ族の巫女アゲハ、移住して来たムシビトの系統とはつなBetter Life 清潔液がりが無い。この星の先住民の持つ力を扱う事ができる。

 この星で産まれたアロマリカーナがアキナに使った禁呪のため、アガルタが狂い始めた。その後責任を感じたアロマはその力を「虹の石」に封印する。マンジュリカーナの力を失い、生死をさまようフローラの三姉妹を救うにはアロマリカーナの禁呪を使うしか無い。
そしてその後王国から「カブト(カムイ?ブ?ミコト)、イオ、アギト」をなっぴの元に送還することに決まった。

 ゴラリアのエレファスは生涯独身を貫くつもりだが、テラリアのコオカは色斑シルティを思っていた。一方ダーマに幻術をかけられたシルティはコオカへの思いを「フランタイヤンマ」への思いにすり替えられていたのだ。幻術から解かれたシルティは、まずは巫女アゲハとしての役目を果たさねばならない。

 竜化したカイリュウを超えるカブトたちを送還するために、シルティはついにヨミの扉を開いたのだ。




由美子はヨミ族のアシダカグモ「ドモン」と婚約中。人型の時はそうでもないが、バトルモードのドモンはこんな姿なのに何故由美子が婚約しているのか謎だ。まあ、母のスカーレット(フローラ)譲りなのかも知れない。

 ムシビトはバトルモード以外では人間と大して違わない。モードをもたない。(これはアガルタの魚人も同じだ)ムシビトの女は巫女以外は人型のままだ。巫女は髪の色や瞳が変化するがそれ以外は変化をしない。
このムシビトのバトルモードへの変化を「メタモルフォーゼ」として新加坡機票マンジュリカーナがレムリアの巫女に伝授したのである。

 さてアガルタについて触れるとカイリュウ族は「竜化の術」というもので竜に化身できた。 ただしヤマタノオロチを昇天させるためにその力を失ったのである。ギバハチの「竜化の術」が偶然に飲み込まれたクジラに守られて残っただけなのだ。カイリュウ族の女は人魚とよばれる。シャングリラ、七海の人魚は特殊な力を持つが、巫女ではない。
 レムレアの巫女に当たるのは「エスメラーダ人魚」の三人だけだ。アガルタ最高の巫女とは、アキナ、カルナ、ラミナそしてセレナへと続く。セレナが覚醒すればマンジュリカーナに匹敵する「ツクヨミの力」を使えるのだ。





一目惚れの事

カテゴリー



”Le coup de foudre(ル ク ドゥ フードル)” と表現する。
直訳すれば、『雷の一撃』。
まさに言い得て「妙」の言葉の代表のような気がする。

日常的にも、
C'est le coup de foudre?
(それって、一目惚れ?)
という表現を耳にする。

フランス演劇史で、一目惚れという表現が当て嵌鮮魚行まるのは、
パリで最初の「ハムレット」がオデオン座で上演されたときのこと。
時は、1826年。
シェイクスピアが芝居を書いたのが1600年頃。
それからすると相当の年数が経ってからということになる。

それまで長い間フランスでは、
古典演劇の「型」を踏襲しなければならないという回收傢私キマリがあった。

新しい演劇に対する気運があり、
劇作家や音楽を担当する作曲家も新しい演劇を模索していた。
「幻想交響曲」で知られる作曲家のエクトル・ベルリオーズもその一人。
文学者のユゴーやデュマとともにこの「ハム物理課程
レット」の芝居に注目した。

その劇自体よりも
オフェーリアの役で出てきたアンリエット・スミッソンの可憐さに
誰もが注目した。代役だったが、
多くの人にまさに”Le coup de foudre" を与えた。
かのベルリオーズも、『雷の一撃』を受けた一人だった。

一途な思いを持ち、その五年の後、
彼は、そのアンリエットと結ばれたという。

彼女も女優を捨てて
浮き沈みの激しい彼と貧苦をともにし、一子を残し生涯を終えた。
ロマン派の作曲家エクトル・ベルリオーズは、
生涯自体も”ロマン派” だったようだ。



ミュージカル

カテゴリー



最初にあまりよくない印象を持つと、それ以後も、動作、演技が気になった。
童顔が幼いかんじに映り、ダイナミックさに欠けた。

踊り子たちがバレエを踊るシーンは、好きだ。
クラシックバレエの基本の動きに則って軽快に、静かに、
トウシューズが床を舞う音の耳さわり、
パタパタ空気の回る気流を感じるのが、なぜか私は好きなのだ。
音楽もキレがよかったが、「ウイーン版エリザベート」のように、
生オーケストラと鑽石能量水いうわけにはいかないようで、その分は臨場感は敵わない。

客席は、両サイドに少し空席があった。
今まで私が観た観劇、、ショーや舞台で、空席があったのは、初めてだった。
お客さんのノリもあまり良くないと感じた。
アンコールや、スタンディングオベーションも数回あったものの、
わたしはなぜか、不燃焼。
一緒に行った人は、「お客さんのノリは、それほど悪くなかった」と言っていたが。
あれこれ観るようになって、私の嗜好が、変化したのか?
好みが、はっ鑽石能量水きりしてきたのか?
感性が、鈍ったのか?

しかし、主役の俳優以外は、飽きさせない演出は良かったと思う。
うーーん???主役の俳優のどこが私にとって不完全燃焼なのか????????
やはり、「ウイーン版エリザベート」と比べてしまうからだろうか???
「ウイーン版エリザベート」の歌曲は、今でも耳に残っているような気さえする。
歌唱力鑽石能量水が違うのか????

ただし、クライマックスでは、しっかり涙がほろほろと、知らないうちに流れていた。



実家で、祖父の50回忌の法要があった。

明治~大正~昭和を生きた祖父。
それからまた時代は平成を迎えた。
祖父の死後、ひとくちの50年といっても、山あり谷あり、
喜怒哀楽に彩られ、家族は変化していった。
商才のある人、ない人、幸運な人、不幸な人、成功する人、失敗する人、、、、
家族を取り巻く周りの人々も、時代とともに浮き沈みの波があった。




にピザを作ったり

カテゴリー

下の息子さんはまだ小学6年生だが、お母さんが忙しいから、食事の用意は慣れている。
気が向くと、小麦粉からイーストを使って本格的、オム冷凍溶脂ソバを作ったり、
主婦顔負けの創意工夫をするそうだ。
最近は、音楽(楽器演奏)にも目覚めているとか。
ご長男も親が知らない間に、私立大学在学中に、国立大学を受験し、今年、合格。
「あの子ったら、親に隠れて陰でコソコソ勉強してたのよ~」と、Fさんは言うが、
合格決定の日に、「国立大学へ行かせてく色斑ださい」とご両親に頭を下げたそうだ。
(こういうケース、けっこう耳にする)

親がかまってやれないと、それなりに子供は自立してくれる。
過保護、過干渉は良くない。
放任しても、子供は親の背中を見て育つ。


今からまた、Fさんは辛い時期に突優纖美容入する。
社労士資格勉強中は、一切遊びも余裕もなく、ひたすら勉強ばかりしていたという。
次の資格に向けて、ちょっと休養も必要かなあ~と感じるそうだ。
「その前に少しだけ、楽しい、キラキラしたものに触れたくて。
だから、また、時々お付き合いしてね」
そう言うFさん。
夢に向かって、不断の努力が続く。


なにしろ、寒い。
近鉄阿部野橋駅から急行を乗り継ぎ、約50分。御所駅へ。
御所駅から、かわいい小ぶりのバスで約20分、ロープーウェイ前へ。
温度計を見ると、氷点下ゼロ度。寒そう???

葛城登山口から、ゴンドラみたいなロープーウェイで葛城山上へ。
ゆーらり、ゆらり。高い~。
まさに読んで字のごとく、ロープのウェイだ、と実感。(→意味不明)
これ、落ちたら? 途中で止まったら?
いろいろ考えながら、でも、しっかり360度に広がるパロラマ?ビューを楽しむ。
高所恐怖症の方には、オススメしませんが。