はあなた

カテゴリー

一部のものがあって、それはすばらしいすぎてしまうかもしれないほど割れやすく、花火が花を一瞬の洒落と华丽で、それから落ちてくるのは一晩中の黒寂、言葉と嘘を一字之差、终身するものではない、心の持ちの永久は悪かっ

た分誤解と分離して、正しい时间で、私达を見失ってしまい、间违った场所をこの回ほどの恋の中で、あなたの子供っぽい嫌がらせが私のできない。もとは、私达はすべてを爱することはない

当初、「僕の心は横倒しになっ残旧古井、曲がった道のそばに迷う静かに、さりげなく时间、あなた教えようとするまで接近して頭を下げた距離を利用すれば、君の鮮明な姿に、私は埋まって一分に一瞬甘洌あなたを赠ることを移

动しなくて、私は曲がって歌うて待ってる最後の一枚の清浄で、そして、あなたがいなくなってから、は歩いて、残して空の陰で、木の葉の飞びゼロ……」

「生活终前線の锐の刻刀に、ある人はそれで自分を少しずつremainもっと精微」とわかるように、有る人にゆっくりとそのこぐ不仕合わせなりません、彼は笑い著、身近なリレーを身に着けた正エネルギー、彼女は泣いていれ、风

に诉えて彼女の悲しみを沈黙著/用の静寂を慎重に隠そうとする彼は息をする夢をだった」とし、「過去の無謀な荒唐無稽で出来たたんに互いに忘れる、青春悪かった成長、歳月蓮に最善を尽くしたに熱狂し、道の中央に立って、私

は心无いに残った一缕强情で行かふ、里が人海で寂しく放蕩だった」と話した。

放蕩の道のりで、私はゆっくりと「最も恐れているのは一人で歩いて歩いて、一番恐れるときたまふとした瞬間、一番恐れる。自分が突然口を閉ざして、が思索しなければ、思い出を利用すれば、を懐かしみます。でも誰も出なか

っは、夜はそうではない泊でも誰も出なかった。夜は灯を伸ばすモロ頭を下げな沈黙が、暗いし、後ろに気分を受けていた。私は相変わらずの生きたい」と話した。

「だって知らない着いてって。重い言懐かしみ、やはり懐かしみます。あの夜苦しかった。目が覚めて、息が苦しくて、下に买い1本水猛灌県のことを見て町の街灯長打の隅の薄闇;降る日すごい雨、私で転倒し、道路の真ん中に、

濡れた服を降りかかった街面、私は何度も抹脸上の降り始め、黙って立ち上がっている。歩いていた長い路でいたが、いろんなことを拾っていっぱいの思い出、零細企業がまとめての梦、不眠の夜、雨の窓の前に、私はあなたの名

前を隠した行間」--だった
--


「話は」を払えず、昔、紛失した永远に、タバコは部屋の中で充満して、ぼんやりしてこの名前で今の栈「銀と鈴の笑い声、青々とした顔をして、ご馳走を心の底で画面で、黒寂に伝わる、痛みが気になって、その一缕ひっそりと

して歩くの孤独を「花」の年齢と、美しい無罪てぼんやりして、青春が空転する船、枯れ烂はゴビだった。谁か思い出すことがある、谁が忘れられなかった。背を窓の前には、一種の帰れないで、名前をともしびを探して。」

「時間を体験してあれらの。そして邂逅著余年前にしていなかったことに感叹して呆気に取られるとの出会い、私达と言えるの感動のもとだった。人生の狭い曲っすように是非の时间、私たちはこのように自然の—著肩、我々わか

り著/や読めない著互いに目での话--沈黙は1段を隠すほどの言叶は、最初の真ん中を一枚一枚とはっと胸をしました。それから、僕はあなたの静かな微笑、笑うといいけど、さようなら、さようなら」

時間がちょうど2年で、私はさっきの詩括りつけられ、一線であり、我々の自分が今まで知らないのは読む通も読んでつじつまの合わない、1度の忧え悲しみを恋心を见て、チャット記録に紛失した最後の一句おやすみなさい、と僕

は止めどなく懐かしみ、上品なみん雨の今日、明日は、はたしてをよりシーズンな温婉鲜晴れがましいですか?

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。