ややペーかに

カテゴリー



指の間の风にふいたことがあって、青春の目ざましいひらき、流れた歳月洗浄回想の印がなく、一段段忧え悲しみやな队内でささやく细い墨ふりをしました。今日には一册の本を読む砕け逝行かなあすかページのかつての真っ最中だ。それから、は荒涼とした夜、ランプの減小腿下で、お茶一杯以前にふっと振り替えあの人は灯阑珊处を升华して残念だったが、思い出を享受してきた過程を見ていると、淡々とそれを拾って、冷ややかに行って行きを下ろす少なかった意図的なんだろうか。

わたり指の間の风は、四季を後押しして美しい光景が、その萋萋缱绻绿の草の芳菲をのぞく无いの帯が嫺静的な白雪に覆われ、その片片残念さを感じながら無音の落ち葉はその重なり白雪の寒さがある。ジキル成(*)は尘気の细い点になった氤氲筆を投げ捨てnu skin 如新間の晴れがましい彩、と手を振りかえると、河川ジャンチョン;サウルの裏側には、とりもなおさ五湖四海だった。ふっと間無理やりに成就した一枚の美しい風景図を江山続いていました。それじゃしようとした芸术は、自然の真実とは、宇宙の神秘は、生命の優しさを思う。孤独の红尘、多いせた父親を気に入り、迷惑をかけ、幾分の酒気をチェックする。

自动的に時、夜12時、庭前、哀調をぼんやりと、そよ风にかきあげる画面をそそる无限渋み意味なのか、郎意濃妾意浓くて、さらに人はすでにどこにいくか……思考がちらつい義工活動て、柳郎、お気は闻か?今夜、淑ヨンに酒一杯な梦回を极める、百年を詠んで、郎可胴上げ妾だったのだろうか。て険しいて険しい郎可記妾……——着物も


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。