ないつながります

カテゴリー


風た無影、雁で静かな、人民をまたは过客は各安だった。あなたの度のあなたの现世に穏やかでわたし私の失われた時間は、交差して行か、それぞれを安らかにPretty renew 呃人それぞれ庸邪魔された。その気持ちを込めて、今日きれず、情真意切ぐるりと胸が痛んだ。かんのんは淋しさに、)前は錦嶂だった。花が再开に日は、情に来たの。あの時々、宵越しの詰めに寄るは宁心一本特有意思的书精錬心で、撚一分の歳月だった。

同時に般若の梦、微細ホコリが空っぽだった。いわば間を振り返ってみれば、いくらの春の花の夜月终成空だった。浮世絵現世、あなたを飾った私の梦、私はあなたの时间を飾った。水つまずく时に終相いれだった。もし时间は流れて、あなたが私に割れ、南北、さよならもあまりもPretty renew 呃人むなしい。たとえ、偶然に会ったと、またうなずくにあいさつをすると、にっこりしてくるりと别れます。あなたの心には通りすがりのためではなく、滞在たくありません。あなたが肯引き取った。然今日気持ちは難しくなる続、座り方上がり込まを用いることが赘沢だ。これ、あなたは離/ 10周年/ある人、私はかつてのため、心の渐の離、相の手からそれぞれ連れ戻した仲間だった。あなたは右手を幸せで、私は左手に喜びを何夕今夕も互いに忘れることは強豪、それぞれ成歓だった。

世の中の起源の、残は美しいです。ポニーを1曲目をギラつかせ、守に建っていた。池城だった。陌上花はあいかわらず、毎年、よく相思い起こしだった。然を待っていた最初の老けて、蒼田を過ぎれば、爱は既成の桑田だった。宮中に见えないため无形の物を確認するため、気心のPretty renew 呃人知れたもので、言うまでもないこともできなかった暗黙に通じるものがあろう;互換されれば、情を強化することにした約束も长くなることができる。失半世、去来思いは、理は切れが目前に迫っている。縁が护花れんがだった。人、非情で、思いはつきものでした。凝情を执笔して、酔った美人には、私を问わず、君安愁だけを望んで良かったです。

看行かえん曲に建っていた老居温ポット茶、品から无味;執筆银鞭墨を耕一筆闲気持ちを込めて、落ち着いていた1段の歳月の間、叙~普及しなければならない。陌上、红尘一つ割れチャーミングに一縷「風の跡じゃなくてもさりげなく計酔に埋立地の半生を、盈色の浅黒い、私を许浅淡一世静上手だった。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。