はセイレの手を引き

カテゴリー

「よい、わしが話そう。ギリーバ」
ヨミの花園から吹く風に乗り、ダゴスがなっぴたちの前に現れた。


「タオから最初に生じたものは、明るく軽い『マナ』と暗く重い『ヨミ』。『ラグナ』とは、その二つをあわせもつ、まるでタオのようなものだった。それはとらえどころの無いぐにゃぐにゃしたものだったという。タオは三番めに生じたそれを忌み嫌い、彼方に捨て去ったのだ。そのためお前たちの伝承には現れない…。やがてこの辺境の星に『ラグナ』はたどり着き、落ち着いた。しかしこの星にマナとヨミが現れた時、臆病な『ラグナ』はこの地に深く隠Amway傳銷れたのだ」

「光と闇を併せもつ生命体…、それって」
「そうだ、なっぴ、俺たちやムシビト、人間、アガルタのカイリュウ、人魚と同じ知的生命体が既にこの星には住んでいたのだ」
ダゴスは話しを続けた。

「ただひとつ違っていたのは、骨が無い。この星に寄生できる生命体が産まれてくる長い間、何も出来ない身体であったという事だがな」
「ヨミ族とは、ラグナが寄生し進化したこの星の生命体を指す言葉だ、覚えているか?マイを救ったヨミのゆりかごを、その時マンジュリカーナがヨミ族の事を『この星の先住民の末裔』だと言った事を…」
「『マイ』を再誕さ嬰兒濕疹せた時…」
なっぴはそのときのことを思い出した。

「『ロゼ』、今の私では肉体が完全に無くなったものを生き返らせる事はできません。しかし『ヨミのゆりかご』は身体のダメージの進行を遅らせる事ができます。その後、『精神エネルギー』を空色シジミ『パピィ』に変え、正しき心の戦士とともに『マナ』をため続けなければなりません…、『ダゴス』あなたの『ヨミの術』と『由美子』の正しき心のおかげでひとつの命が救われたのです。…しかし、この術は既に絶えたものと聞いていましたが…」
『ダゴス』は何も答えなかった、『マンジュリカーナ』はひと言だけ言った。
「やはり、あなたたちは『彼ら』の末裔だったのですね…」

ダゴスはこう、話を締めくくった。
「ヨミの術とは、マンジュリカーナの再誕の術とは違い、甦った物はまったくの別の意志を持つ」
「そんな再誕に何の意味があるの?」
なっぴの疑問は当然だろう。

「グフフッ、わしらの道具になるためさ…」
そこに黒サソリ『ザラム』が現れた。その瞬間ムシビトの二人は『ザラム』に吸い込まれていった。
「こうして、再誕させた『道具』を身体に取り込み、次第に力を付けていくのさ、『タオ』を越えるために…」
「お前は『黒サソリ』、では残りの棺も…」
「そこいらに転がっているだろう、馬鹿力のカイリュウの生き残りに開けさせたのさ。わしたちはひからびていたが、タオの作った物、死ぬ事は無い、『ダゴス』お前も知っているはずだろう?」
「カイリュウ?それはメイフの事か?」
『ダゴス』はそう、とぼけ康泰て言った。
「ギバハチが生きていたのさ、カイリュウの力を失わずに…」
「…」
「ぐふふっ、まあいい。新しい『道具』が手に入る前に、お前はここで殺してやろう」
黒サソリは二本の尻尾を曲げ、毒針を構えた。ダゴスは鋭い牙と足先の爪を開いた。
「ギリーバ、なっぴたちを連れて行け」
進み出ようとする『ギリーバ』の足を『ダゴス』が止めた。
「ほう、さすがヨミ族の王、今の俺の力がわかるらしい。お前たちは後でゆっくり追い詰めて殺してやる。楽しみにしていな…」

傷ついたミコをギリーバが抱え、なっぴ、歪んだ空間に消えた。
(ダゴス、死なないで…)
なっぴもザラムの強さは感じ取っていた。
(新しい敵、ラグナ…)
なっぴの胸騒ぎは収まらなかった。

なっぴたちをホテルに送るとすぐに、『ギリーバ』は引き返そうとした。彼もいやな予感がしたのだった。なっぴの声がその背中を包んだ。
「気をつけて、ギリーバ…」
「ああ…」

彼は『ねじれ』の戻りかけた空間に吸い込まれていった。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。