落語や狂言

カテゴリー

「噺家(はなしか)殺すにゃ刃物はいらぬ あくびの一つもあればよい」
という言い方をされることがある。


また、
「笑いなくして即死する」という表現もあるが。
なかなかどうして、どうして、図太く生き延びhome gym equipmentている噺家も多い。

だけども、三遊亭円生のことばに
「笑いがないのに、お客を厭(あ)きさせず、最後まで噺を聴かせるのが最高の芸人」
というのがある。
笑いをとるばかりが噺家の役目ではなさそうだ。

また、江戸時代から、幕府御用狂言師を勤めた大蔵流狂言の
明治期の初世・山本東次郎の芸談に
「演じている時に、見所で笑いがおこったりM2數學すると、楽屋に引きあげた時に
父親から『どうして、人を笑わせるような下品な演技をした』と叱られたという。

芸にあらわれているユーモアのセンスやウィットといったものが大切で、
爆笑を呼ぶことだけにこだわってはいけない中醫婦科 という戒めが込められていたようだ。
実際、笑いのない喜劇は、面白みがないが、
笑いをとるためだけに汲々としている芸は、どこか疲れてしまうところがある。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。