フトしたこともあり

カテゴリー

最初の一軒。
玄関チャイムを鳴らすと突然出てきた顔が、とても懐かしくて、ぺらぺらしゃべると、
「ちょっと待ってください」と、奥の人を呼ぼうとする。
「なんで引っ込むの?」と、それを無視して、ご挨拶Dream Beauty Pro 好唔好の続きで、べらべらしゃべり続けると、
相手も、強引に、わたしのおしゃべりを中断させ、奥に呼びに入ってしまった。

で、奥から出てきた人は、わたしの知っている人が、いきなり40年ぐらい歳をとった顔。
浦島太郎の玉手箱??
じゃあ、この、わたしがしゃべっていた人は?
二人同時に並ぶ。
同じ人物の、若い頃と、歳がいっDream Beauty Pro 好唔好た頃。ビフォー?アフター。
この二人は、親子のようだった。
わたしの脳内の時計やカレンダーが、ぐるぐる過去に戻ったり、早回りしたり。
現在にたどり着こうとすると、あれれ、混線、混乱。
二人同時に並べられて、やっと、解明される。
ダブった線は、一重に、ぴったり重なった。


二軒目も、玄関横からにょきっと出た顔を見た瞬間、「見たことある顔!!」。
だれ?だれ? この顔? 
脳内ではデータがデジタル化されていなく、古い図書館のごとく、パラパラとファイルをめくる音。
ファイルの古い奥あたりで、繰るDream beauty pro 黑店スピードはゆるくなり、
止まったページの記憶では???、その見たことのある顔は、そこの家のおばちゃんの旦那さん。
当時ガキ大将だった男の子の、父親だった。


でも、わたしが子供の頃に見たことのある顔が、そのままの年齢で同じ場所にあるというのは、ヘンだ。
よおく考えてみる。
そのおっちゃんが、再現されていた。
そして、さらに考えると???息子さんなのだろう。
DNAが完璧に伝わり、復元されていて驚いた。

三軒目は、ちょくちょく訪れているお宅なので、問題なくクリアー。


斜め前の家に住んでいるにもかかわらず、「斜め前の○○○○の娘です」と、それぞれに挨拶する、奇妙さ。
こちらは知っているが、あちらがわたしを知らないと困るので。
小さい頃は、近所の子供たちとよく遊んでいたが、小学校以降は、あまり遊ばなくなっていたし、
それ以来は、生活拠点がシ、ほとんど近所には顔を出していない。




がいいと感じれば

カテゴリー

頭脳、発想、行動力、ひたむき?強靭なタフさ、これ耳鼻喉專科醫生がないと、気持ちだけではどうしようもない。


ちょっと小金持ちになって、まわりを幸せにしてあげるよりは、多くの人々の価値観を変えてやる、
そっちのほうが、彼は楽しい、意義があるという。


若さって、いいな。
すっかり守りの年寄りであるわたしは、思うわけである。
遠い目でもなんでもない、自分には若き日に、そう壹美健 水光槍いう「社会を変えてやる」的な熱情は、全くなかったんだけど。
力のある人は、どんどんその力を発揮してほしいと、思わず応援してしまう。
が、(娘たちを含む)若い人々の躍進的な話に、ついていけなくなっている、
蚊帳の外からなのが、哀しいところだ。

蚊帳の外は、それはそれで、ほっこりしているが。自分のブログを読んで、にやにや。
これは、究極の気持ち悪い人である。
なんと、今の自分とまったく同じ考え、感じ方をまとめた文章であろうか。
あたりまえ、だいたいは、当日の朝に本人が書いている。


例えば、着たい服が売ってないから、作る。(自分で作る場合も、作ってもらう場合もある)
食べたいものが手に入らないから、作る。
こだわる人は、食材の野菜まで自分で作る。

見たい映画がないからといって、自分で自己染髮作る人はない。(稀にいるが、稀な大金持ち)

なんであれ、こだわりの人は、できる範囲なら、自分専用カスタムメイドで。



母の生き方を見て、自分は別の生き方、自分の道を歩く。
いいなと、思えば、マネする。
部分的に取り入れたり、反面教師にしたり、見本、たたき台、参考にする。

参考にするものが多すぎると、道がぼやける。
選択肢は、ある程度、限られた数のほうが、迷いが少なくてよい。
それと、ありえない実現不可能な選択肢を候補の中に入れる入れる人は、あほ。
単なる空想家。(わたしには、少々、その傾向もある)
時間を無駄にするには、もってこいではあるが。



いくつもブログを

カテゴリー

最初、美味しいほうから食べたが、一人、二口(ふたくち)ぐらいの感覚。
一瞬、あっという間。とろっとしたら、それでおし鑽石能量水まい。
食べたことも忘れるぐらいの微量に感じた。

安いほうは、量がある。
ボリューム、命。

がんがん食べても、ぜんぜんへっ鑽石能量水ちゃら。
食べても食べてもまだまだある。
1時間食べ放題1480円か、1980円の店って、こんなかんじか。
吉野家か、すき家は、こんなかんじか。
(わたしは、過去数回しか食べたことがないので、あまりよく覚えていないが)
牛肉は少し残り、皆、満足した。


どんな肉であろうが、朝の部屋は肉のいいニオイで満たされている。
おそらく、ご近所でも、ニオイはよくても、いい肉か悪い肉か、わからないことだろう。
わたしは、肉の感想は、皆には決して口に出さなかった。
場をシラけさせてはいけない。
せっかく買い物をしてくれて、わたしはとても助かったのだから。

安いからだめとも、思わなかった、不味いとも思わなかった。
高い霜降りは、確かに美味しいが、それだけだ。が、これはこれで、素晴らしい。

「特別に美味しい」肉と、「ふつうに美味しい」肉のすき焼き、
家族が寄って皆で食べたら、とても幸福だった。ブログのタイトルというものは、重要だ。
はじめてタイトルを見て、どんなブログだろうと興味をreenex膠原自生そそられ行ってみる。
お客を呼び込む看板である。

たとえば、自分で恥ずかしげもなく「カリスマ○○の○○日記」とか、
「いいのオンナのつぶやき」とか、そういうかんじのタイトルもある。
「借金地獄のまっただ中で」や「痴情の果てに」みたいな、内容がすぐわかるタイトルもある。
同じ人がハンドルとタイトルを変えて、開設している場合もある。

わたしも、こういう系のタイトルにしてみてはどうか。
「セレブなためいき」「愛の逃避行」「女社長のゼニ日記」「国に切り裂かれた愛」
う~ん???無理がある。作為的偽証、作り話になるし。

「美はわたしのもの」「世界一の美女と呼ばれて」「資産世界一のセレブ?デイリーライフ」
なんてのは?
「安倍総理との暮らし」「プーチンとわたし」「モナコ王妃との日々」とか?
ありえない???。





楽しくやっているのとで

カテゴリー

???

gooメール無料版が昨日で終了したので、あちこち、アドレス変更のお知らせを出したり、
アドレス変更手続きをしたり、ちょっと手間取った。
新しい、別に作った無料メールから送ってみ通渠公司たりしたが、入っているのは、広告もどきばかり。
ちゃんと送れているのか、心配???
なんて、「あたし、パソコンさわるの、はじめてなの」、のような心配をしている。
他にも、FAXしたり、あれこれ計算したり、集計したり、事務的作業に追われた。

???

どうでもいいことをDR REBORN投訴書いている。
これも、深夜ブログの影響か。

???

わたしのブログを卒業される方々も、きっとわんさか、わんさか、おられることだろう。
3月は、卒業のシーズン。
新しい門出に向かって、皆さまの新生活スタートを応援しています。
なんて、春の応援キャンペーンみたいになってしまっている。

???

やはり、深夜は良くない。
もう、おしまいにします。
ぜんぜん、内容が無いのに、アップするのは、どうかと思うけれど。

夜は、やはり、眠るべきもののようです。前に気になって、ちょいちょい訪れていたブログ。
ブロガーさんの年齢は、まったく違う、わたしの娘世代。
今日、ひさしぶりに訪れてみた。

ごくごく当たり前のことだけれど???
性格のどこかの部分は、わたしと似ているのだが、考え方、感じ方がまったく違う。
違う世代で、違う生活環境なので、違っていて当たり前なのだが。


しばらく離れてみると、ああ、もう、まったく違うなあ???と感じた。

日常生活の上で、同じ事柄、役柄をこなすにも、
嫌々ながら渋々やっているのとは、ぜんぜん違う。
ご本人の私生活の状況が、満足いかないのであれば、しかたないのかも知れないが。

子どもの習い事や、ファッションは、他人に差をつけるためのものだ、という考えは、わたしには賛同できない。
子どものためを思ってやるか、あるいは、親のエゴを子どもに押し付け振り回すか、どっちかならありえる。
他人の目を気にして競争するなんて、まったくわたしには、興味がない。
軸足は、自分でなければ、
他人は、自分以外のすべてなのだから、
そんな、やたら大量の不特定多数を相手に競ってみても、敵は次から次から現れ、虚しいだけだ。



ということは

カテゴリー

めんどくさそうな作業(製本)を先送りにし、でも、視野に入れ、???
にもかかわらず、ブログを更新する。

ある近しいリアル人の方のブログを延々とさかのぼって読んだ。
もう、そのブログは更新されないのだが、閉鎖もされない。
ブログを開設されて8年ぐらいになるのだろうか?

その中に、わたしが3年前、お送りした写メールがアップされているのを偶然、発見した。
その扱いには、悪い印象は受けなかった。
ブログ記事量があまりにも膨大すぎて、なかなか目を通すことができなかったブログだが、
時間がある時に、少しずつ読んでいる。

ほんの稀に、わたしの関わったこともアップされている。
あ、これ、わたしだ~。
なんだか、不思議な気持ちだ。

???

学生時代の友人から、「実家に遊びに来ない?」と、複数の友人宛に一斉メールが入った。
「○○ちゃんは遠いから、このお誘いメールを送ってません」
「△△ちゃんは、その日、仕事で無理だそうです」
とも追記されていた。

わたしは、時間が取れたら参加する気、満々である。
わたしの実家にも、何年か前に、彼女たちを招待し、遊びに来てもらった。
実家が元気な状態で存在するうちに、一度、呼びたかった。
彼女たちの記憶にも留めてほしかった。
なので、今度は、彼女が呼びたがっている、なんらかの心境の変化かも知れない。

今は、お一人で住んでおられるお父さんが、もし他界されたら、あのご実家は消滅するのかも知れない。
その前にぜひ、知っておいてほしい、と思われたのではないだろうか。
彼女のルーツ、生きてきた証の一部のようなものを。

家は、どんどん消えていく。
継ぐ人のいないお墓も、どうなるのだろう。
彼女は、お子さんのうちの誰かに家を継いでほしいのかも知れない。
彼女は、二人姉妹の長女、子供さんは、全員娘さん。女系家族だ。



サイクルが違うの

カテゴリー

その人の、嫌いな部分もある。
性格や嗜好の面で。
ある程度の訪問で遠ざかったのは、そのせいでもある。
しかし、年月が経つと、嫌いな面は、私自身のコnuskin如新ンプレックスから来るものだったりしていた。
なので、今、その人と向かい合っても(といっても、勝手に一方的にブログを読むだけだが)、
以前のような感情はない。

わたしも成長した(年を取った、とも言う)。
あの人も、まるくなられたと思う。
意気込みを通り越して、なんだかムキになnuskin如新っていた、肩にへんに力が入っていた、
キツさ、刺々しさ、デリケートな心を隠すような強気の姿勢、無理やりっぽい明るさ、
そういうものが消えていたように感じた。

おそらく、子育てがひと段落して、楽になったこと、落ち着いたことで、
生活そのものを楽しめるようになったのだろう。
彼女は、わたしより10歳も年下なので、いつまでも死ぬまで10歳年下なのだが。
たった10歳で、あんなに生活だ、と、自分でもびっくりした。
子供や夫、つまり家庭を軸にすべてが回る生活。
子育て期の専業主婦か否か、では、当然違って当たり前なのだが。

あと10年経つと、どうなるのだろうと想像してみる。
お子さんたちは、全員成長され、独立されnuskin如新るだろう。
日ごろは、ご主人と二人だけの静かな生活。
(フランス人は、日本人の結婚観とは少し違い、結婚は事実婚重視。
嫌いになると、すんなり別れる傾向にあると、感じる。
ご主人と別れていないとは思うものの???)
しかし、なにかの機会には、みんなで集まって楽しい時間を過ごされることだろう。




離れるもあっとはな

カテゴリー

魂をゆさぶる
 禅の名言                         高田明和 著より

 幸せは 親死ぬ 子死ぬ 孫死ぬ
                    仙厓義梵師(江戸時代の禅僧)

 仙厓和尚は江戸後期の禅僧です。 書画をよくし、その書は文化財にも指定
されています。
 仙厓和尚はの有名な言葉初中數學教學には、「気にいらぬ 風もあろうに 柳かな」 という
句があり、この句には風に柳の枝がそよぐ図が描かれています。 柳にも嫌な
風というのがあるかもしれない、しかし、柳はどちらから吹いてきても、枝をなび
かせ従がっている。 というのです。

 或る時に殿様の親がなくなり、家中は悲嘆にくれていました。 仙厓和尚は、
「幸せは、親死ぬ、子死ぬ、孫死ぬだ。 不幸せは、孫死ぬ、子死ぬ、親死ぬ
だ」
 と述べて、皆を慰めました。
 実際、孫が先に死ぬようなことがあれば、祖父母は悲しみにくれる日々を送
ります。 また子どもに先立た歐洲旅行團れても同じです。 人間は必ず死ぬ、それなら、
このように、年をとったものから順番に亡くなる方が幸せだというのです。
 私たちは本来永遠に続く仏の心を持っていると釈尊は悟られました。 そして
死はこの仏の心に帰ることだと悟られたのです。 私たちが生きている間はこ
の肉体に縛られ、本当は、生きていても仏の心の世界に存在するのに、どうし
ても自分と他人を分け隔ててしまいます。

 日本の臨済宗の開祖・栄西禅師も
 「大いなるかな、心は天よりも大きく、海よりも深し」
 といっておられます。 死は、存在から無になることではなく、この本来の心
の世界に戻ることだというのです。
 釈尊が亡くなられる時にお子さんのラゴラは、独り悲しみにくれていました。
釈尊はラゴラを呼び、 「今まで肉体のある間は、そなたと一緒にいることもで
きたが、離れ離れにならざるを得ない婚禮攝影こともあった、しかし、私が涅槃に入れ
ば、もはや、常にそなたと一緒にいて、離れることはないのだ」 と言われまし
た。
 亡くなった方が浄土におられるとというのも、このことをいっています。 亡くな
った人を 「仏さま」 というのも同じです。 すべての人は釈尊と同じ心の世界
にはいられたのです。
 このように言っても、親しい人が亡くなれば、悲しみにくれることは当然です。
悟りを開かれた仙厓和尚も、このことを重々に承知された上で、死ななくては
ならない存在である以上、死は避けられないが、自分のほうが子ども、孫より
先になくなるというのは、その逆に比べたら、どんなに幸せかを考えてみなさ
い。 と諭されたのです。





ワだったのルツのだ

カテゴリー

伞で同じ釜の飯を食べ、1匹のかご。ひとりひとり古風な収穫女、踊る茶里をぬって、茶の葉の間、纤纤十指は绿尖」とが『抜きに移动、弾きオバコワラウ芳しさを一曲のワ母乳 研究ルツのだった。

故郷の収穫女)に住んでいる麓、故郷の茶の首長は、高い山、故郷の高山真っ白な云雾荒唐無稽だ。


収穫女暁ななめにかごに出て、収穫女日暮足踏みをして帰っていく。そこで、山村の夜を明るくしたように忙しく家で見守るの男迂闊の茶かごを乾かす新緑のような母乳 原生營養音がして竹席に注目している。

深夜、家々火鉢の搏動、男のそばを取りまいて、気をつけて元気だったのでめくる舞双掌、ともに刻、小屋が立ち込めていてリッチな香りです。「オバコワラウーバーYumei好用フロー窓口を開設し、路地の奥に充満していた。収穫女疲れていて、头当てて男の背中を抱きしめてやって明日の香りの夢を見る。

抱いて朝天2009 - 8 - 17、雨が取って、男の人は女の願い真名著を軽くて扉を隠せない、持ち帰っていたは女が好んで飾り。

茶园は、少年少女たちのところがあり、特に飘著「オバコワラウの季節なら、千里の外のあなたの恋人になっても、たどっオバコワラウから流れの方向も付け加えている。







もしあなたは

カテゴリー

軽く歩くようには、林幽深ヵ所、顔を上げるとあれらの修竹の面影をさぐりだすや著、竹下振った元気な歌を歌い、定格は私は永远のアルバム。流水低回有何匹の小さな鱼、水中で弾いて动く私の周波数と、著/梢intelの下、金色の碎影四つん這い私の眉间、私は素直に歳月の洗礼菲傭公司をやって一尾游鱼は、爱の碧波で自由なたたきつぶすべきだ。

湖畔の春が决して眼光を売ろうとこれを相手にしたハイカーできる可能性がある。柳すく青丝頭、木へまわって湖畔を歩いていました。凝眸湖面、清霊の感覚に襲われ、な微整形にやら間远方絵巻震えて軽いのが、穏やかな湖面が私に分かって行き、ぼくは用写意姿势を饱蘸濃墨、ちょっぴり、山田亦嫣然、水も嫣然、人も嫣然だった。

校庭で育てた各種温室へはいっていった熱帯雨林植物で、様々な斩新で、きらびやか、立ち止まった!偎ほどこし、築山紅もたれる翠、小橋流水にたとえてタバコ赏。

樹影に注意し、花韵に襲われた人だった。藤ミズラ树、木ミズラ藤?木と木と叱られ、藤と藤がつながっているみたいに见えないため无形の物をもつれあい、変化が耳鼻喉專科醫生去来します;その次に希少草花も、各展足を流れる詩的色濃い、鍵をしたが、繁苛撒け美しくなりました私の気持ち。

私は低い平泳ぎは黙っての球サボテンで身をちぢめて静守时间、たまにの叹きながらそれを一身に受けてメリヤスのみすぼらしいこぢんまりですが、実は、寄り掛かって夢は良くて、無精神で、そこから支える)に何のオアシスですか?私は、困难な境地が粘り强く生きていても、生活して、たとえば歌!

すべて私に教える相思熱帯の风、熱帯の雨、熱帯の惑ひや八犬伝しなくて、私は一匹の渡り鳥を待ち焦がれる海に行って執私中华风物普润大地にも種私は神舟5千年の文明の精髄だ。

かっこう、晴芳暗いい清明后;惟愿したもので、长さ抱き合って同園亡くなる。






テを喫ーブルで

カテゴリー

赤は、さわやかな手は、黄籘酒を飲み、実に動揺ゆら柳。東風悪、欢情簿、懐しこり、何度も忧え悲しみが何度か悩むことはない。本当に間違えたのではない;间违いが難航mask house 面膜していると记忆しています。

春が気持ちを込めて、ペンを空に比して、字の痕がレッド軽塵鲛绡。が、大地は草长莺飞春草だった。人は悲しみに、かつての梦は、山盟海誓なったにもかかわらず、繁華街が最终的に消えてしまった。


思いも雨の中、ソロに窓の外を眺めつつ、意気揚々シャシャさんの雨が、今夜の梦は下がりはどこにありますか。あの砂鉢のうえには目をギラつかせた一種の雨の中に鮮やかな思い出になる、いす、一紙、一筆満開となり、あなたの風景だ。山積の吸い殻畳を積んで読んであなたの執着が牛奶敏感ある。漆黒のような思いと、だけで、一阕寄せすべにに埋まったあなたを爱するのも敗北を喫した。煙草「たばこ」は、激情を取り出して火をつけ、喷薄の輪が、すべての、そんなものでもがいたり、轮いました。そこで、寂しくは喉がまじり、空気中のんに拡散している。喫煙のせいではない。

君のことを考え、単に君のタバコを吸っている。時間、指の間サラサラの流れを感じが一面の影に、這い出し窓口で、ゆっくりとは消えてなくmask house 面膜なってで。これ、窓窓格子上の鍵が難航しているのがいやで、行か羽化成一匹ナビ、暫く黙った守は、出口を待ちに帰って来るのを待っていたのであり、私とは手を携えて登る爱の敗北を喫した。